インターネットでの薬の買い方

インターネットでは、ドラッグストアなど薬店で販売されている市販薬を購入することができます。
医薬品の通販目的は、近くの店舗では取り扱いがない医薬品や人に見られたら恥ずかしい医薬品を購入する方が多いようです。
ネットなら匿名性が強いため周囲を気にすることなく、さらに取扱商品数も多いので欲しい医薬品を難なく購入することができるでしょう。
さて、市販薬は大別すると副作用が高いものから第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品に分類できます。
これらすべての市販薬をネットで購入することは可能ですが、それぞれの服薬リスクに合わせて然るべき購入を行わないとなりません。

第一類医薬品は服薬リスクが最も高いものです。
薬剤師から購入する必要があり、質問等がなくても医薬品の情報提供を受けなくては購入することができません。
第二類医薬品は服薬リスクが比較的高いものです。
薬剤師もしくは登録販売者から購入する必要があり、できれば医薬品の情報提供を受けて購入したほうがいいでしょう。
第三類医薬品は服薬リスクが低いものです。
薬剤師もしくは登録販売者から購入する必要がありますが、医薬品の情報提供を受けなくても購入することができます。
インターネットで購入する際も同様です。

医薬品の販売を行うネットショップにて当該医薬品を購入すると、類別の購入方法に従うことになります。
第一類医薬品と第二類医薬品を購入する場合、薬剤師からメールにて情報提供が行われます。
そのメール内容を確認し、分からないことがあれば質問しましょう。
特に問題がないのならメール内容を確認した旨を返信し、ようやく購入ができるというシステムです。

決済は各ショップごとに異なりますが、基本的には通常のインターネットショッピングと変わりないと思っておいて問題ありません。
特別難しいことはないので購入自体は非常に簡単ですが、きちんと説明を受けて、自己判断での購入はしないことが大切です。
また、医薬品を販売できるネットショップは、薬事法による販売許可を受けている薬店・薬局であること、実店舗を持っていること、薬剤師または登録販売者が配置されていること、電話などネット以外の相談体制が整っていることなどの条件があります。
さらに、ネットショップ自体に実店舗の写真を掲載すること、勤務中の薬剤師または登録販売者の氏名等を記載すること、販売許可証を掲載することなどいくつかの要点をクリアしていなくては販売できません。

そのため、勝手に販売できるわけではないので利用する際は、そのネットショップが信頼できるお店なのかという点に気を付けて活用してみてください。
ちなみに、薬事法に基づきレビューなどは残せません。
そのため口コミの評判でネットショップを探すには難しいのが現状ですので、ホームページを確認し、自身できちんと見極める必要があるでしょう。
上記で紹介したポイントを参考にネットショップを探してみることです。