医薬品の通販は店頭販売より危険なのでしょうか

医薬品の通販購入をする場合、実際に薬局へ行って購入する場合と比べて、安全性がない、危険という意見もあります。
しかし、本当にインターネットで購入すると危険なのでしょうか。
逆に言えば、店舗で購入した医薬品は、完全に安全と言えるのでしょうか。
医薬品の通販に限らず、インターネットでの購入の際の問題として、実際に商品を手にとってみることができない点があります。
しかし、医薬品の場合はどうでしょうか。
実際に手にとってみたところで、中身を塗ってみたり服用したりといったサンプリングができるわけでもありません。
成分表示にしても、この成分が入っているから安心だと、即座にわかる人も少ないのではないでしょうか。
また、第一類医薬品などに見られる、薬剤師の診断や説明に対しても、購入者が本当に必要な症状を抱えているのか、購入者は説明をきちんと聞いているのかなど、完全ではない部分もあります。
その上、購入者が症状を抱えている人と同一ではない可能性も否定できません。
家族や友人が変わりに購入しに来たというパターンですね。
この場合、説明は薬剤師から購入者を間に挟んで、症状のある人に伝達されるわけで、伝言ゲームではありませんが、確実性は下がってしまいます。
無論、医薬品の通販の方が安全というわけでもありません。
商品を手に取れない点は事実で、商品そのものを選んで配送するのはお店側がするからです。
別の商品を送ってきたという口コミも少なくありません。
また、症状については自己判断になるため、本当にその薬があれば治療できるのかの断定ができないこともあります。
薬によっては、購入時に店舗側から症状について連絡が来ることもあります。
ただ強いて言うなら、薬局にしろ通販にしろ、購入すべきかどうかはお店側の対応しだいで変わるものだと言えます。
何より重要なのは、きちんとした説明をしてくれるのか、説明がなされていない部分については、聞いたら答えてくれるのか、にあるでしょう。
特に説明が不足している点については、我々購入者も、尋ねていないのに説明がないと怒るのではなく、まず質問しましょう。
あらかじめいろいろなことに対しての説明があれば理想的ですが、説明欄を儲ける場所の都合や、多くの方がするような質問ではなく個人的な内容を聞きたい場合など、対応しきれないことがあるからです。
もっともインターネットであれば、あらかじめよくある質問などのページに、答えを用意している場合もあります。
医薬品は実際問題として、健康、ひいては命に関わります。
第2類、第3類の医薬品などであっても、きちんと理解しているのか、その薬で本当に症状は改善するのか、そもそも自分は薬の対象となる病気なのかを、購入前にしっかり相談しましょう。
説明を聞いて、必ずしもその商品を買わなければいけないということはないので、配慮にかけていると感じた店舗では買わないなど、お店に対する判断材料にもなるのです。